私がまだ独身だった頃、数カ月間だけのんちゃんと一緒にペットと住めるシェアハウスに入居したことがありました。今日はそのときに仲良くなった犬好きのOさんがのんちゃんのお見舞いに来てくれました。

駅まで迎えに行くとのんちゃんも大喜び^^♪

IMG_0029

のんちゃんにも人間の好き嫌いがあるようで、シェアハウスに住んでいた当時も、Oさんに会えるといつも「抱っこ抱っこ!遊んで~(*‘ω‘ *)」と飛びついていました。

久々にあえて元気が出たかな?

Oさんも子どもの頃に実家で犬を飼っていたようで、なんとその子は19歳まで生き延びたそう。

「長寿でうらやましい。のんちゃんもそのぐらい長生きしてもらえたらなぁ」というと、「でも最後は食が細くなって、痩せてきて、弱っていく姿をみるのはつらかった」と話していました。

犬の最期を看取るって生きた長さには関係なくつらいですよね。

のんちゃんも最期は、なるべく苦しまずに、穏やかに息を引き取ることができたらいいのに…と思います。