愛するペットが「がん」と診断されたら、「なるべくできるだけのことはしてあげたい」というのが飼い主の願いですよね。

がん治療を進めるうえで重要となってくるのが、動物病院の選び方。がん治療の知識や経験をもった獣医師に診てもらいたいけれど、あまり自宅から離れていると通院も大変……。

そこで今回は、自分の住まいの地域でがん治療に強い動物病院を探す方法をご紹介します。

がん治療に強い獣医さんを探せるサイト

がん治療に強い動物病院を探すときに便利なのが、「日本獣医がん学会」というホームページ。

日本獣医がん学会(Japan Veterinary Cancer Society、通称「JVCS」)とは、1994年に誕生した日本獣医がん治療の研究会。

「腫瘍の診断・治療技術の向上、腫瘍臨床例の集積と分析、最新情報の収集、新しい治療法の臨床治験、獣医師の卒後教育、医学・薬学等の他分野との提携など、日本の獣医臨床腫瘍学の発展のために寄与することを目的としています。」(ホームページより)

現在は1975名(2012年6月1日現在)の会員で構成される大きな組織です。

がん治療の専門医を探してみよう!

本学会には「獣医腫瘍科認定医」という資格を定めており、この試験に合格した獣医師は「認定医」となるそうです。

認定医には「Ⅱ種」と「Ⅰ種」のレベルがあります。Ⅱ種は“腫瘍診療のための専門知識および一般臨床知識を有する者”。Ⅰ種はさらに専門性が高く、“実践的に診断・治療を行う能力を備える者”と区分けされています。

本サイトでは、獣医腫瘍科認定医の一覧がみられます。

1.サイト内メニューの「獣医腫瘍科認定医」を選択する

nihonjuuigangakkai

2.ページの下部の「現在の取得者」から認定医を探す

獣医腫瘍科認定医|日本獣医がん学会

獣医の勤務先(病院名)、住所、連絡先などが掲載されていますので、自分の近所でがん治療に強い動物病院をさがすことができますよ。

がん治療を進めるうえで獣医選びはとても大切!

いい動物病院の基準ってみなさんはどのように考えますか。

・雰囲気がいい
・病院が新しくてきれい
・自宅から近い
・治療費が良心的
・獣医さんの人柄
…など。

人によってさまざまだと思います。

しかしがん治療を進めるなら、最優先したいのはやはり「獣医さんの腕」

私の経験談ですが、のんちゃんの身体に初めてしこりをみつけたときは、自宅から近い動物病院へ連れて行きました。

しかしそこの病院では、血液検査・触診をしても「がんの疑いがある」とはひとことも言われず、下痢止めの薬を処方されただけでした。

素人の私が触ってもあきらかに「しこり」があったのに……。そのしこりについて尋ねても、「精密検査をしないとよくわかりません。まずはお薬を飲んで、また次回血液検査をさせてください」の一点張り。

心配になった私は、知人から獣医腫瘍科認定医のいる動物病院を紹介してもらい、その3日後に診察へ訪れました。

診察室に入ると、のんちゃんのお腹を触っただけで「これはかなり大きい腫瘍ですね。すぐに超音波検査とレントゲンをとらせてください」と言われました。

がん診断に必要な検査、治療の選択肢なども丁寧に説明してもらい、安心して治療に入ることができました。

がん治療において獣医さんは最も大切なパートナーです。がんに対する専門性はもちろん、親身になって治療を進めてくれる獣医さんを探してみましょう。