愛犬が癌だと診断されたら気になるのが「治療費のこと」ですよね。人と違ってワンちゃんは自由診療なので、保険に加入していないと、医療費がものすごく高額になります。

かくいう私も「保険に入っておけばよかった…」といまさらになって後悔しているひとりです。まぁ癌という診断結果が出た以上、とやかく言ってもしょうがないことですが……。

今回は参考までに高悪性リンパ腫の診断されるまでの検査内容と費用についてまとめていきたいと思います。

高悪性リンパ腫と診断されるまで3回通院しました!

のんちゃんが今回の病気ではじめて病院を訪れたのは、「下痢や血便が続いていたこと」「お腹にしこりをみつけたこと」がきっかけでした。

近所の病院へ連れて行き、初回の診察は

・触診
・血液検査
・うんちの検査

のみでした。

この段階では「身体のどこかでひどい炎症を起こしているが、何が原因なのかよくわからない。抗生剤と下痢止めを飲んで、また3日後に血液検査をさせてください」と言われ、帰宅しました。

薬を服用したことで下痢の症状は落ち着きましたが、お腹のしこりが何なのか気になり……。別の動物病院に相談してみることに。

2回目の診察では、

・血液検査
・レントゲン検査
・超音波検査
・細胞診検査

を行いました。この段階で獣医さんからは「リンパ腫の可能性が高い」と言われましたが、具体的な治療を進めていくのは、外部に依頼する細胞診検査の結果を待ってから…ということに。

しかし検査結果を待っている間に、のんちゃんの下痢、血便が再発したため、再び病院へ。超音波検査で腫瘍の大きさを確認したところ、小腸にも腫瘍の転移がみられ、細胞診の結果が出る前に「ほぼ高悪性リンパ腫で間違いないだろう」と診断されました。

検査にかかった費用は「47844円」

検査の費用の内訳はこんな感じです。

<1回目の検査>

・再診料 500円
・血液検査 8000円
・うんちの検査 3000円
・内服薬 1400円

小計12900円
消費税1032円

合計13932円

<2回目の検査>

・再診料 600円
・血液検査 3000円
・レントゲン検査 7000円
・超音波検査 3000円
・細胞診検査 12000円
・内服薬 1600円

小計27200円
消費税 2176円
合計 29376円

<3回目の検査>

・再診料 600円
・超音波検査 3000円
・内服薬 600円

小計 4400円
消費税 136円
合計 4536円

この1週間で5万円近くの出費…!ひえ~( ;∀;)って感じですが、本当にお金がかかるのはこれからでしょうね。

抗がん剤治療は1回1.5万~2万円+血液検査や超音波検査もほぼ毎回行う必要があるため、おそらく1回あたりの治療費は3万ぐらいになりそう。5カ月続けたらざっくり70万円近くかかります。

でも大丈夫!ママとパパは頑張って働くからね~。のんちゃん、一緒に頑張って治療を進めていこうね~!