雨などでお散歩に連れていけない日は、ワンちゃんもエネルギーを持て余してしまうもの。「小型犬だしそんなに運動しなくても平気」「部屋のなかをひとりで走り回るから十分」などというのは飼い主の都合です。

お留守番で一日中サークルのなかに閉じ込められていると、有り余ったエネルギーが原因でいたずらを繰り返す原因にもなります。お散歩に行けない日は、30分だけでも部屋の中で遊んであげる時間を作るとワンちゃんもハッピー。

というわけでここでは、うちの子が大好きな室内遊びをご紹介します。

引っ張りっこ

うちの子は、市販のおもちゃを買ってもすぐに壊してしまうので、古くなったタオルや靴下を丸めて使っています。手で振り回したり、床の上で動かしたりすると、よろこんで走ってきます。

このときすぐにくわえさせずに、背中の後ろなどにおもちゃを隠すようにすると、「あれ?」という表情を浮かべて、遊びに集中してくれますよ。ワンちゃんがおもちゃの端をくわえたら、引っ張ったり緩めたりします。

持ってきて~

引っ張りっこをしている途中におもちゃを投げて、「持ってきて~」と遊ぶこともあります。うちの子の場合は、指示通りに言うことを聞いたときに、「エラいねぇ!!」とオーバーに褒めながらおやつをあげるようにしたら覚えが早かったです。最初は近いところからはじめて、少しずつ距離を広げていくと室内遊びでもいい運動になりますよ。

ウォーキング

飼い主さんがひざを立てて床に座ります。左右の脚の周りを8の字を描くようにして、おもちゃを動かしましょう。ワンちゃんが興味をもって追いかけてきたら大成功!しばらくこの動きを繰り返したら、少しずつスピードアップします。

宝探し

においを嗅ぐという行動は、ワンちゃんのストレス解消につながります。ニオイ付きのおもちゃや、内部におやつを入れられるおもちゃなどを使って遊びます。最初の数分はワンちゃんにおもちゃを渡して、興味を持たせましょう。

その後、おもちゃを取り上げて、クッションや洋服の下などに隠します。お宝(おやつ)を探すという行為は頭を使う行為で、ひとり遊びもできるため、引っ張りっこや追いかけっこをした後のクールダウンにおすすめです。

ワンちゃんのエネルギー発散にはお散歩が欠かせないことは分かっていても、仕事や家事で忙しいとついついお世話が後回しになってしまうものですよね。そんなときは、室内遊びのバリエーションを増やし、効果的にワンちゃんを疲れさせてあげましょう。