笠置寺さんぽ -Blog-

笠置寺にもみじ狩りに行って来たで。

笠置寺は笠置町にあんねんけど、京都の南で奈良との県境にあるねん。

奈良時代に創建されためっちゃ古いお寺なんやって!

真っ赤な紅葉がお迎えしてくれたで!

笠置寺のご本尊は高さ15mの巨岩に彫られた弥勒磨崖仏やねんけど、表面がほとんど見えへん状態。

鎌倉時代に幕府軍の攻撃で山全体が焼かれて、巨岩表面が炎にあぶられて剥がれ落ちたんやって。

近づいてみて、岩の大きさにあたしもびっくりした!!

山が焼かれた中で、唯一残ってるのが、日本最古で最大で、最優美って言われてる、高さ12mの伝虚空蔵摩崖仏。

千年以上も昔からあるとは思えへん美しさにあたしも感動したで。

さらに山を登っていくと景色の良いところに出たけど、

あたしは高いところ苦手やし、ママに見てきてもらった!

木津川と綺麗な紅葉が見れたって!

足元が悪くて危ないからって、お姉ちゃんに抱えられて通ったけど、

こんな狭い道も通るで!

ゴロゴロした大きな岩がいっぱいある道を通って、

やっと今日の目的地へ。

もみじ公園。

真っ赤なもみじのじゅうたん。

ライトアップもやってるみたいやし、また見てみたいな。

ママ!来年はライトアップ見にこよな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です